シェアする

こんにちは刑事ちゃん

シェアする

うまいわ~
カバー見てジャケ買いでした。

笑って泣ける、衝撃のユーモアミステリ

いや、泣かんかったけど…
タイトルで出オチやし、正直期待してませんでした。
最初の50ページぐらいは読むのに3日かかりました。
面白くなくて…

伏線の回収がうまい

タッチが軽くて読みやすい。
事件の謎やボケに伏線がはられていて、きれいに回収しながらトリックや笑いにつなげていく。
最後は感動になり、楽しめました。
ラストの大オチもさすがっす。

こんにちは刑事ちゃん (中公文庫)

新品価格
¥734から
(2016/5/11 23:57時点)

ちょうど良いバランス

大した謎解きでもないんです。
笑いもクスクス程度。
感動も(´;ω;`)ブワッではなく、(。•́ωก̀。)…グスって程度。
ただ、きれいにまとまってます。
三丁目の地獄工場を読んだ後なので、よけいに後味が良かったです。
読みやすくて、トリックも複雑でなく、程よい笑いと感動。
お勧めです。

作者は「セーフティ番頭」の元お笑い芸人

KADOKAWAが主催する 第34回横溝正史ミステリ大賞が 発表されました! 今回は藤崎翔さん(28)の「神様のもう一つの顔」 が受賞されました。 この藤崎先生、実は元お笑い芸人と 異色の経歴の持ち主ということで、 彼の芸人時代のコンビ名やネタについて 気になったので調べてみました!

他に写真無かったんか?
作家デビューで第34回横溝正史ミステリ大賞受賞したみたいですね。
ミステリーは嫌いなんですけど、他の2冊も読んでみたくなりました。

Clash of Clans(クラクラ)で「とおる帝国」のリーダーしてます。
とおるクラブって言うサイトの管理人です。
とおるアンテナってアンテナサイトも運営してます。
ランキング参加中! 協力お願いします
ランキング参加中! 協力お願いします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ ブログ王ランキングに参加中!
ブログランキングならblogram
スポンサーリンク

シェアする

フォローする